透き通る白さで美肌に一歩前進|美白は整形で手に入れる

レディ

アンチエイジング効果

顔を触るウーマン

くすみやシミの原因

年をとるにつれて、肌にはくすみやシミが生じるようになります。くすみにしてもシミにしても、肌細胞に沈着したメラニン色素が原因となっています。若いうちは、新しい肌細胞がさかんに作られますし、それによってメラニン色素が沈着した肌細胞は除去されていきます。そのため肌の白さが保たれやすいのですが、年をとると新しい肌細胞が作られるペースが落ちていきます。メラニン色素の沈着した肌細胞が長く残ることになりますし、メラニン色素は日に日に追加されていきます。そのため年をとるにつれて、くすみやシミが増えていくことになるのです。逆に言えば、新しい肌細胞を作り出せば、くすみやシミは除去されるということです。そして美容外科では、そのための様々な美白治療がおこなわれています。治療によって新しい肌細胞が増えれば、美白効果に加え、アンチエイジング効果も出てきます。シワもまた、古い肌細胞が増えることで生じるからです。肌を白く、若々しくしていくことができるため、多くの人が美容外科で美白治療を受けています。

具体的な施術内容

美白治療には具体的には、レーザーやインテンスパルスライトなどが使われています。これらを肌に照射すると、その熱によって肌細胞が活性化し、細胞分裂をハイペースでおこなうようになるのです。定期的な施術により、新しい肌細胞は徐々に増えていきますし、それによってくすみもシミも、シワも除去されていきます。また、それと並行してケミカルピーリングがおこなわれることもあります。ケミカルピーリングとは、酸性の薬剤を肌に塗ることで、肌細胞を溶かしながら除去するという施術です。生まれたばかりの元気な肌細胞は、この薬剤の影響を受けないため、除去されるのは古い肌細胞のみということになります。これにより、美白効果もアンチエイジング効果も出やすくなります。美容外科ではさらに、トラネキサム酸という薬による美白治療もおこなわれています。これを服用すると、体内ではメラニン色素が生成されにくくなります。つまり、新しく生まれた肌細胞にメラニン色素が沈着することが防がれ、美白効果が長続きするようになるわけです。